え、女性の顔の産毛処理はやり過ぎ注意!?

女性の顔の産毛処理はやり過ぎ注意

10代の頃はノーメークで過ごしていたので、顔に産毛が生えていても気になることはほとんどありませんでした。しかし20代になって、普段からメイクをしなければならなくなった時に、産毛が生えているとファンデーションの仕上がりが良くないことに気付きました。

 

産毛があることで化粧崩れをしやすいことがわかったので、女性の肌専用のカミソリと使って顔の産毛処理をするようになりました。女性の産毛は、最初は透き通るくらい色素が薄くて短くて細いものですが、カミソリで顔の産毛処理をしたことによって、以前よりも太く濃くなったように感じました。

 

鼻の下の毛は特に濃く太くなりやすいので、カミソリではなくピンセットで抜いたことがありました。敏感な部分なのでピンセットを使って抜くのはかなり痛く、さらに毛穴が広がったり、中途半端に抜いていると根毛部分が残ってしまい黒ずんでしまうことがわかりました。

 

そこで鼻の下の毛を含めて、顔の産毛処理をするときは女性専用カミソリを使うことにしました。ただ剃りすぎると毛が濃くなるので、少し伸びたときにはハサミで短くカットするなどして、カミソリを頻繁に使わないようにしています。

 

それにカミソリは使った後にしっかり汚れをふき取らなければサビが発生しやすく、そのまま使うと肌荒れがしやすいので注意が必要だと考えています。

 

 

女性の顔の産毛処理とその苦労

女性のムダ毛処理というのは結構大変で、時々はなんで女性はみんなムダ毛処理をしているのだろうと考えてしまうくらいです。しかしそんな私もやはり産毛やムダ毛があるとショックになります。眉下の処理はよくやりますが、忘れがちなのが顔の産毛処理です。

 

多忙で自分のことをおろそかにしており、化粧も適当になっていた時、ふと鏡で自分の顔を見たら顔に産毛が生えておりしかも目立つ感じになってしまっていたのには衝撃を受けました。生えやすい部分というと、眉下はもとより、両頬のもみあげの部分や口周りです。

 

そこが少し見ないうちにムダ毛だらけで焦りました。顔は傷つけるのはよくない場所ですので、カミソリで優しくなでるように剃っていきます。私はムダ毛処理の仕方はカミソリでのやり方でしか知らず、剃ったあとはローションをたっぷり顔に塗ります。

 

カミソリ以外ですと、父の電気シェーバーを借りたりもしましたが、自分だけですと綺麗にならず剃り残しもありますので、最終的にはサロンに通おうか悩んだこともあります。

 

しかしよく調べると、今では女性用の顔の産毛処理用の機械もたくさん売られていますので、そちらを頼りにしようと検討しています。アドバイスだけなら美容師さんからもして頂けるので参考にしています。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

顔の産毛処理ってみんなどうしてるんだろう?

顔の産毛処理方法について色々試行錯誤している女性は多いと思いますが、自分でもうこの方法が一番!という顔の産毛処理法のを確率した女性はいますか?

 

その方法に自信はありますか?将来的にも、お肌へのダメージも大丈夫と言えるでしょうか。今回は顔の産毛処理方法について、その前になぜ顔の産毛が濃いのかも含めてご紹介します。顔の産毛処理によっては、長い期間を経て公開することもありますので、必見です。

 

まず、なぜ顔の産毛が濃くなるのはなぜでしょうか?顔の産毛が濃くなる理由はさまざまですが、なぜか濃くなったように見えるという人もいます。
それは顔の産毛を剃ることで、断面が太い毛が生えてくるので、一度剃ると顔の産毛がなぜか濃くなったように思えます。

 

他にはホルモンバランスが原因と考えられます。顔や体には、皮膚を守るために 産毛が当然生えていますよね。
その濃さや量には個人差も大きいですが、特に女性の場合、悩んでいる人は多いはずです。

 

しかも、近年では、男性ホルモンの影響で産毛が濃い女性を 「ひげ女子」と呼ぶこともあります。
つまり、男性のように働き、管理職になっている女性もいて、男性ホルモンが優位になり、顔の産毛が濃くなっている場合です。
顔の産毛が濃い原因は、少なからず男性ホルモンの影響を受けています。

 

だから、一般的には女性の顔などの産毛が濃いとなると、その分余計に目立ってしまい「ひげ女」などと言われることもあります。

 

では、処理方法ですが、本当は剃らないでもメイクをすれば、隠せますという方は、あえて顔の肌を傷める必要はありません。
しかし、どうしても綺麗にしたいという女性は、まず顔の産毛を剃ることです。

 

剃ること自体はあまり問題ないのですが、お肌のバリア機能を産毛と一緒に持っていかないように気をつけてください。
そのためには、顔専用の電気シェーバーを使って、清潔な肌で剃ることです。(お風呂あがりがベスト)

 

そして抑毛効果のあるスキンケアクリームを使うことです。これで、電気シェーバーを使う頻度は下がっても、増えることはありませんのでご安心ください。

 

次はやってはいけない毛抜きです。(ローラー脱毛、テープ脱毛、パック脱毛、すべて毛抜きと同じです。)
毛を無理に引っ張ってぬいていると、肌がたるんできます。つまり、老け顔になってしまうということです。

 

他にもニキビができたり、その跡が残ったりと弊害がたくさんありますので、毛抜き以外でも抜くという行為は絶対にNGだということを記憶してくださいね。

 

上にも書いたとおり「ひげ女」などと言われるほど顔の産毛が濃くなっているのはホルモンバランスが崩れていることに原因があります。
それを元に戻せるような生活を毎日丁寧に過ごしてみてください。自然と顔の産毛は薄くなっていきますよ。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

女性でも顔の産毛処理を行いたい

女性は男性のように濃いヒゲが生えるわけではありませんが、それでも顔の産毛処理は行っておきたいところです。うっすらとしたムダ毛であってもたくさん生えていると目立ちますし、メイクも綺麗にノリません。

 

しかも、毛穴には汚れや皮脂などが詰まりやすくなりますので、常に何か詰まっていて毛穴の開きの原因にもなります。

 

ゆるゆるとした毛穴では、いくらお手入れを行っても美しい素肌にはなりません。開きっ放しになると水分が蒸発してしまいますので乾燥肌にもなって皮膚が硬くなりますし、皮脂の分泌量も増えてしまいますので、良いことなど一つもありません。

 

実際に顔の産毛処理をするとしたら、手軽な方法ではカミソリやシェーバーで剃るのがおすすめです。シェービングクリームを使えば肌を傷めることもありませんし、痛みも無くスピーディーに処理できます。もう生えてこないようにしたいという時には再生をストップさせられるような方法を選ばなければなりません。

 

エステサロンで行われている主な施術は光脱毛であり、クリニックなどの医療機関で行われているのはレーザー脱毛です。どちらも毛根部分にある毛包や毛母細胞にアプローチして、再生組織にダメージを与えます。

 

 

顔の産毛処理にはパックではなく除毛クリームを

顔に目立つ産毛が生えている状態だと、メイクのノリが悪くなり、顔色も多少暗くなってしまいます。

 

かといって顔の産毛処理としてカミソリを使って剃ると、お肌を傷めてしまい、人によってはヒリヒリしてメイクを上塗りすると、ますます、その炎症がひどくなってしまうことがあります。

 

他の顔の産毛処理の方法としてパックをして剥がすときにパックと一緒に産毛も抜き取るという方法もありますが、強引に抜き取るので、毛穴に負担がかかりポツポツと浮かび上がってしまうことがあります。

 

顔のお肌に最も負担がかからない顔の産毛処理方法の1つとして挙げられるのは、顔に塗るために作られている除毛クリームを使用することになります。
ワキの下に生えるムダ毛を処理するときに使うような除毛クリームは、ムダ毛を直接溶かすような成分が配合されているので、パッチテストを行ってから塗らないと、お肌に炎症を引き起こしてしまうことがあります。

 

しかし、顔に塗れるように作られている除毛クリームは、ムダ毛を直接溶かすような成分は配合されていない代わりに、ムダ毛が生える働きを抑える成分が配合されています。

 

そのため、産毛が目立たなくなる効果を得るまでに時間がかかりますが、塗るだけなので、簡単に継続することができます。

 

【PR】顔の産毛クリームのノイスを買うなら公式通販がオススメ

更新履歴