顔の産毛を剥がすなんて絶対NG

顔の産毛を剥がすなんて絶対NG

顔の産毛にテープを貼り、一定時間置いてからびりびりとテープを剥がす、顔の産毛を取る方法です。いかにも痛いのですが、腕や脚などなら本当に普通の毛が生えていて痛いかもしれませんが、顔の産毛となると、テープでも剥がす時にあまり痛みを感じないそうです。問題は、顔の産毛がちゃんとテープに引っ付いてくれるほどある程度の太さがあることが必要です。そうでなければ、顔の産毛を剥がすことができません。

 

でもこちらも毛抜きには違いありませんし、お肌に直接ある皮膚もはがしてしまう可能性もあるので、あまり肌にはよくありません。まずは顔の産毛を剃ることです。剃ること自体はあまり問題ないのですが、お肌のバリア機能を産毛と一緒に持っていかないように気をつけてください。

 

そのためには、顔専用の電気シェーバーを使って、清潔な肌で剃ることです。そして抑毛効果のあるスキンケアクリームを使うことです。これで、電気シェーバーを使う頻度は下がっても、増えることはありませんのでご安心ください。

 

次のはやってはいけない毛抜きです。これが、このテープで一気にはがす方法なのですね。1本1本抜くか、一気に抜くかの違いですが、テープの場合は、肌にも密着すると思うので、肌の痛みは毛抜きより大きいと思いませんか?他にも弊害はたくさんありますので、毛抜きだけはやめておきましょう。

 

次に専門家に任せるという方法です。カミソリや電気シェーバーで剃っても、納得がいくほど綺麗な肌になれない女性。完璧を目指したい女性。一番はやはり皮膚科の先生がいる医療脱毛でしょう。レーザー照射力も強く、麻酔もしてくれ、薬もくれて、万が一にもちゃんと対応してくれそうです。

 

しかも、レーザーが強いために、うすい産毛や難しい鼻の下なども腕のよい人がレーザー照射してくれれば、通う回数が減ります。さらに、エステサロンの脱毛です。こちらはあまりつよくない光照射となりますので、通う回数が多くなるのですが、ついでにマッサージや、リラクゼーションなど、他のエステメニューもできることです。

 

どちらもメリット・デメリットがあります。永久脱毛をと決めたら、両方無料カウンセリングに行って、どちらが自分の肌質や、毛の量などに合うのかを確認した方がいいです。あとは、コストも明瞭なら安心ですよね。最初からいくら払うのかがわかっているのがベストです。

 

毎回行くたびにいくらか支払うような感じでは、最終的にいくら費用がかかったのか不明なため、信頼性のないサロンやクリニックだと思った方がいいかもしれませんね。