顔の産毛が残るとおかしい

顔の産毛が残るとおかしい

顔の産毛を自己処理していると、剃り忘れで残る毛も出てきます。自分で気づけばいいですが、彼や、同僚に指摘されたら最悪だと思いませんか?だから、顔の産毛を処理する時にはしっかりと残ることのないようにしないとダメなのです。それが面倒なら、剃り忘れで残るような、指摘されるような悪夢が嫌なら永久脱毛も視野に入れてみましょう。

 

顔の産毛脱毛を考えている女性は少なくありません。月に数回程度顔専用の電気シェーバーで処理をしていたとしても、やはり面倒ですよね。しかも顔脱毛なら自然にもみあげを残してくれるし、そり残しを指摘されて恥ずかしい思いをすることもなくなります。では、顔脱毛は医療脱毛でするのがいいのか、エステでするのがいいのかどちらでしょうか?

 

それは個人の空き時間、毛の太さや肌の強さで変わってきます。つまり、顔脱毛の湘南美容外科や品川美容外科と呼ばれるところは医師免許を持つ人が施術する病院と同じです。病院の中でも皮膚科、そして、美容に関する治療をする病院として、美容外科という名前だけですが、本当は顔脱毛もしてくれる病院となります。

 

脱毛する箇所が顔脱毛ということなので、やはり医師免許を持っているところが安心ですよね。皮膚科であれば、無料カウンセリングの時に、産毛の程度や皮膚の状態をチェックし、最適なレーザー照射の調整をしてくれたりします。

 

だから顔脱毛を病院でする場合は、皮膚科、美容外科となります。医療脱毛をおすすめする理由はもう一つあります。顔脱毛する部分の毛が細いために、弱い光照射(エステサロン)では、なかなか効果がでないのです。

 

だから、何度も通うことになってしまい、結局医療脱毛の方が安かったということになりかねません。もし肌が強くて強いレーザー照射に耐えることができるのであれば、やはり顔脱毛は医療脱毛を選択した方が安心です。

 

もちろん皮膚科といっても、美容外科になりますので、クリニックであることには変わりはありません。顔脱毛で処方箋をもらうこともできます。レーザー照射のアフターケアをする軟膏や飲み薬、紫外線に敏感に反応しないようなビタミン剤、日焼け止めなどの処方箋も希望すれば出してくれます。

 

一方で、エステにも美肌コースと一緒に受けることができるというメリットがあります。料金も低めですが、約1年〜2年かけて通う必要がありますので月々の支払金額かける気期間をすると、合計すると、トータルコストはさほど違わないかもしれません。

 

エステサロン、医療脱毛クリニックによって違ってきますので、自分がいいなと思うサロンやクリニックのウェブサイトで情報を集めて、最低限の知識は身に付けていきましょう。もうひとつ、顔脱毛を受ける際に注意したいのは、必ずしもすべての脱毛サロンや医療脱毛で顔のすべてを脱毛できるとは限りませんということです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?